ブログトップ

田中一光製陶所

tanakaikko.exblog.jp

カテゴリ:旅先で製陶所( 3 )

男二人建物めぐり旅 第二回

a0168435_12206.jpg
あれっ?という間に4月も24日を過ぎ、わたくしは34歳に、製陶所は1周年を迎えました。

たくさんの方の応援をいただきなんとか1年持ちこたえた製陶所。今後ともよろしくお願いいたします。

さてそんな4月に安曇野の池内建築図案室の池内さんと連れだって男二人建物めぐり旅第二回(電車と徒歩なのでアルコール含有率多少)に行ってまいりました。

第一回は?とお気づきの方!は少ないと思いますが、昨年も4月に池内さんと上松に行ってきたのが旅の始まり。今回は北に針路をとり松代に行ってきました。

我等男二人が目指すのは最先端の素材と技術により構築された最新のビルディング、、、とは真逆の、押したら倒れそうな木の小屋や崩れかけの土蔵、いまだに現役でがんばっている木造の家などなど。それらには昔からの技術や自然とうまく折り合いをつけて土地に馴染んだ雰囲気が満ち溢れているのです。

そんなわけでかなりマニアックな視点でめぐる松代の旅。写真でご紹介いたしましょう。

a0168435_112818.jpg

a0168435_12329.jpg

a0168435_1163288.jpg

今回我等男二人が電車の中でややほろ酔い気味になりつつ降り立った長野電鉄屋代線の駅舎。なんといきなりストライクです!そして今回の旅のピークをいきなり迎えてしまったのでした。このなんともいえない木造の駅舎、ホームの待合室。うーむ、やるではないか屋代線。とふたりでうなったのでした。これはいい。残念ながらこんなに素晴らしい木造の駅舎目白押しの屋代線は来年で廃線とのこと。


a0168435_1131637.jpg
ここのパン屋はかなり美味しいらしい。などと勝手にストーリーを描いてみたり。

a0168435_1134330.jpg
この家の入り口のアーチがかわいいですね。

a0168435_1142471.jpg
清水の舞台ならぬ松代の舞台から飛び降りてみたい気分。

a0168435_1143746.jpg
右から豆腐屋、肉屋、八百屋、酒屋、すき焼き屋、締めにショットバー。その向こうの駅から帰宅。最高の町松代。これみな妄想。

a0168435_1145868.jpg

a0168435_1514823.jpg
長ーい柱。こんな所もこの旅の要チェックポイントです。


a0168435_1521568.jpg
風が心地よく吹き抜けていく山寺常山邸。ここに住みたい。


a0168435_1573224.jpg



こんな感じで丸一日松代の町を歩き回った男二人旅。行く先々で池内さんのプロフェッショナルな視点や話を聞きながらの贅沢な旅。五月はおそろしい忙しさが待っているゆえ、心の充電がしっかりできた旅でした。さあ、お金をためて次は何処へ行きましょうか、池内さん。

我等男二人旅はまだまだ続くのでした。それではみなさま、次の旅でお会いしましょう。
[PR]
by tanakaikkoseitojo | 2011-04-28 01:48 | 旅先で製陶所

SUMIRIKI JAMと秋の安曇野

昨日は秋の安曇野にドライブ。個展が終わって束の間の休日です。7日日曜日まで安曇野スタイルが開催中。

目指すは十色屋さん。おととしの安曇野スタイルの時に僕も参加させていただきました。今年の目玉は友人の池内さんがなんとジャムで参加しているのです。

SUMIRIKI JAMと名付けられた色とりどり、地元の果物を使って作られたジャム。ラベルもジャムの甘みと同じくすっきりいい感じです。ここまで本格的に!さすがです。7日まで十色屋さんで販売されるとのこと。みなさまぜひチェックを!

十色屋ご夫妻も変わりなくいつもどおり励まされエネルギーをいただいて帰路に着きました。

そんなわけで製陶所の旅はまだまだ続きます。それではみなさま、次の旅でお会いしましょう。
a0168435_21375444.jpg





 
[PR]
by tanakaikkoseitojo | 2010-11-05 21:39 | 旅先で製陶所

御柱で製陶所

超が付く出不精な私が旅先で巻き起こすあれこれ。

「旅先で製陶所」記念すべき第1回目は、「御柱祭」です。

もはや説明の必要はございませんでしょう。なにせ天下の大祭ですから。知らん、と言う方はこちらをご覧ください。

今回は諏訪の心の友夫妻のお誘いで山の上のほうから「秋宮一」という最も太い、この祭りのハイライトともいえる柱を「曳き子」となって木落とし坂まで曳いてくる、というかなりディープな参加をさせてもらいました。

a0168435_2391368.jpg
柱を引っ張るための太い綱に曳き子一人ひとりがmy子綱をくくりつけて引っ張っていくというシンプルなスタイル。
a0168435_2312388.jpg
曳き子に気合とリズムを与える「木遣り」という独特の掛け声をかける「木遣り」衆。諏訪人でない僕でも心が清澄になり気合が入ってきます。手に掲げているのは「おんべ」一枚一枚カンナで薄ーく削りだされている。美しい。
a0168435_23183413.jpg
徐々に木落とし坂に近づく曳き子たち。む?このまま行くと「あの」木落とし坂の下まで曳くことに?
a0168435_23232068.jpg
というわけで衝撃の体験!なんと私、木落とし坂を下っております。下ると言うか落下に近いです。必死に綱を握り締めつつ写真をパシャリ。下をのぞくとこんな感じ。
a0168435_23251027.jpg
上を見上げりゃこんな感じ。中央の松の木あたりから「秋宮一」が出現します。
a0168435_233043.jpg
出たっ!
a0168435_23283818.jpg
ドンッ!
a0168435_23312970.jpg
ギャー!ズザー!
a0168435_23315978.jpg
目の前を
a0168435_23322122.jpg
秋宮一が
a0168435_23323845.jpg
通過したと思ったら氏子がいっせいに柱に飛びつき停止。

山の上を出発したのが朝9時。木落とし坂を秋宮一が落とされたのが午後3時。ものすごく長い時間だったような、一瞬の出来事だったような。夢のような興奮と心の底から湧き上がってくる衝動。古代から脈々と伝わる熱が、ここ諏訪の地には確実に受け継がれて人々の中に脈動しているのを身をもって体験しました。ブルブル身震いが止まりません。

この経験が自分の中にどう沈着して何が生まれてくるのか?楽しみでなりません。

そんなわけで製陶所の旅はまだまだ続きます。それではみなさま、次の旅でお会いしましょう。
[PR]
by tanakaikkoseitojo | 2010-04-15 23:46 | 旅先で製陶所